平屋住宅の光景

  1. 子供の頃はたぶん全国的に一般住宅といえば一階部分だけの平屋建て!マシテ育った環境が田舎だったので街道沿いで町中ではあったのですが二階建ての家はごく僅か近所の酒屋さん←昔の酒屋さんは味噌醤油など生活必需品も扱っていて繁盛していたので)は立派な二階建ての店舗兼住宅、私としては鬼ごっこや木登りなど野原でワイルドに?遊ぶより身の回りはどちらかと言うとダラシノナイ性分、ヒヨワで疲れやすく、走り回ったり汚れたりする事を嫌って家の中の遊びが多かったので→とうぜんにある階段は子供にとっては格好の遊び場!同じ年頃の男の子二人と「危ないからやめなー」っとオコラレながらも遊んだ記憶があり、大人になってからは階段の上り下りがメンドウで広い屋敷に余裕のある平屋に住むのが夢でしたが今となってはナツカシイ思い出、昨日から仕事に入った区内東大泉という地域は街路が整然とした新緑のミドリの木々に囲まれた住宅地、モチロン全区画がほぼ二階建て!下見打合せの時は気がつかなかったのですがお隣の敷地にはその緑の木々にウモレタ様にひっそりと建つ→外壁が今だに板張りで純和風瓦屋根をのせた平屋住宅←80坪はあると思われる宅地には母屋に続く離れもあり大きな車庫にはすでに車は無く自転車が二台並べて置いてありましたが昼前に出てこられたお二人は私より一回り以上??高齢な方、こんなひっそりした平屋の住宅に静かに続く老後の生活→私にとっては(隣の芝生)羨ウラヤましいのかドロナワ生活の今がベストなのか考えさせられる光景ではありましたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です