続々々報→子宝弁慶草

このホームページが始まった昨年の6月に子株を工務店の事務所より頂いて来て一ヶ月以上乾燥状態においていたものが発芽成長して何度もここでその過程を紹介して来ましたが今年になってから充分温かくなっての5月初め頃から急に活動開始←週一程度の水やりを続けた結果昨日見たらまたこんな風に葉の全周に子株をビッシリ付けてのご健在!驚くのはこんな風に昨年と同じ葉の周辺にフリルで縫い付けた様に子株を着けていてこの鉢は二本寄植えした分、やはり冬の寒さは堪えるらしく一番成長が良かった株は消えて無くなってしまいましたが温度管理←室温を10度C以下にしない程度)と水やりを冬は月一、夏は週一っとキワメテ簡単な手入れ法で一年中?こんな子株を付けて子孫繁栄!2〜3年で花も見られるらしいので楽しみに待ちたいと今朝も霧吹きのジェットで乾いた土にたっぷり→セッセと水やりしましたが→次回は来年このHP二周年目に開花しましたらのご報告です!

「続々々報→子宝弁慶草」への1件のフィードバック

  1. この子株は触ると葉先から剥がれてしまいますがもう白いヒゲ根も出ているので土の上に落ちるだけで水分さえあればどんどん成長するのです、親とまったく同じ遺伝子を持っている子供ではなくクローン←分身なのです!←ネット情報)そういう意味では子宝との表現は間違いかもしれませんね!

渡辺 和男 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です