山形蕎麦に感謝!

早いものでこちらに通い始めてからもう8年→キッカケになったのは震災の一年後にマッタクの別件→大宮市のマンションにクロスリフォームに行った際お客様の実家←山形市内)で一人暮らしの母親が居る家のリフォームを依頼されて霜が降りる頃に初めて行った山形市→タブン三日間その家に寝泊まりさせていただきお母さんは高齢で歩くのさい不安定、トウゼン素泊まり状況←三食は外食かスーパーで仕入れた惣菜もの、セッカクなので名産名物ものでもと街を歩くと「山形蕎麦」と書かれた暖簾を発見!くぐってみたら(山採りのきのこ蕎麦)があると聞いてまだ高校生の頃→山と云っても雑木林ですがきのこ採りに入って母が手打ちのうどんをよく作ったもので出汁に絶好なきのこ汁を思い浮かべて即注文→キノコは確かに美味かったのですが・・・昨日はいつもの牛丼系蕎麦屋さんに行こうと車で出かけるとその先に「山形肉蕎麦」と書かれた看板を発見→そう言えばまだ現場で作業中の大工さんが「近くに旨い蕎麦屋ができたよ!」と云っていた事と先記した話も思い出してもう一度試してみようと入店→看板通りの温かい蕎麦を注文→関東では肉と云うと豚肉と思うのですが出てきた蕎麦にのった物はご覧の通り鶏肉で合鴨→かも?この肉は確かに美味しかったですが・・・昔田舎で食べた5割蕎麦とは色、食感、蕎麦の風味じたいが記憶にあるイメージとはオオチガイ!三陸沿岸で好んで食べられているホヤと同じで自分は何回チャレンジしてもナジメナイその地方の人にしか理解できない味覚なのかも知れません!逆な見方をすれば東京では味わえない?名物をこちらに来て体験できる訳ですからコレも旅行気分で来た成果?と感謝する事にしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です