臭いと匂い!

この騒ぎで手洗いは感染予防の基本的な行為?→『家に居ても1時間ごとに手を洗っています』などと笑ってしまう様な勘違いをしている方がいるそうですが石鹸は良しとしてもアルコールでの消毒はウイルスへは有効な様ですがあまり頻繁にやると皮膚を健全に保つ為手に住み着いて活躍している微生物までいなくなって肌荒れなどトラブルを起こすのですが昔読んだ健康本からの浅知識から(石鹸を使ってもおちない)と云われていたのですがこの菌ちゃんを守る目的でずいぶん前から入浴時など一切石鹸とシャンプー←頭が臭いと言われたときはタマに使用)は使った事はなくて心当たりがあるのですが家の者には年中←体臭に対してのクレームがアリ→成人になった孫達がマダ5、6才の時にも(臭い)と言われた記憶があり→たんに加齢臭ではなくて伝統的な?モノ←自慢にはならない )タブン自分と接近してお付き合いのある方々の中にも口には出せないご負担←抵抗?を与えているのではないかと日々腐心?しているのです⁉︎が(臭い)と(匂い)は意味が違うらしく→嫌われる方が臭いで→誉ホめ讃えられる方が匂い!この騒ぎで新薬への期待が高まる中昔から聞いていた『ネギを食べると風邪をひかない』伝承?がありましたが調べてみると匂いの成分が血管の拡張と血流を促し心肺の活動に効果があるとの事!中国のネギの産地では前の新型肺炎SARSでは感染者が出なかった?との情報もありましたがネギの匂いのパワーは見上げたモノ!美しい花や女性を称えるとき→『にほふがごとく 今盛りなり』と云いますがここまで文学的ではなくても演歌の語り歌のトモ子さんに『どんなに汚い人でもイイの!心がキレイな人なら!』と言われる様に←ダメか?→ヤッパリ現状は変えられそうにありませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です