発見!これぞ生きがい大賞

思わぬ所で大きな「出会い」がありました、自然界にある素材のみで、普通に見ればただのゴミにしか見えないものを組み合わせる事で命が生まれて誰もが知ってる可愛い動物が創作される作家は退職後60代も後半になって一念発起、埼玉県杉戸町にある道の駅「アグリパークゆめすぎと」でお会いしたサトウさんは「森の工作おじさん」としてここでは有名人、家では素材作りと家庭菜園などして過ごし土日祝日はここで制作とワークショップを行い日々忙しく動いているとゆう、生きがいの発想から創造まですべて手作り、「ここに来ていると貴方のような方と話しができるのも楽しい」とちょっと良い気分にさせられたが、このHPと想いが共通して今年の「生きがい大賞」←そんなものはありませんが)この方に決定しました。

「発見!これぞ生きがい大賞」への1件のフィードバック

  1. この話題は続編として掲載します【多才な生き甲斐を求めて】に、いろいろな写真やお話も伺って来ましたのでそちらの方も楽しみにお待ち下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です