フリーフライトな生きがい

先週のウイークデーに以前、野球場の芝生部分で「紙ヒコーキ」を飛ばしているグループを見かけた事があるので、また行ってみると、なるほど10人位の方がゴムのカタパルト?を使って初夏の空に向かって気持ち良い滑空を楽しんでいる様でしたが一人だけ飛ばし方が違って飛び方も本物そっくりにゆっくり周回しながら飛んで、おじゃましてはマズイとかなり距離をおいて見ていたのですが、たまたま風に流されて私のすぐ側に「着陸」!
なんとスケール感いっぱいの機体、回収に近かずいてきた方に「よく飛びましたねー、ちょっと見せて下さい」とあいさつして、目の前に現れたのがこの写真!
聞くと模型飛行機の世界は実に分野が広くこの機体は「フリーフライト」のスケールモデルだそうで略すと(コントロール装置を持たない、実機に近い形状をもった機体)だそうで、写っている機体で小さい物でも製作から飛ばすまで最低で2週間かかるとゆうからその集中力には驚かされましたが、ブーメランの場合は作ってすぐに飛ばせますから、ただただ(脱帽感?)の日でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です