インターロッキングな路面

この話を聞いたのは昨年石巻市での工事の時、エクステリア(外構工事)の人からでした、言葉の響きがいいですよね!正式には[インターロッキングブロック舗装]厚さ8センチ位のコンクリートブロックを整地した上に敷き詰めていくのですが数十年前にドイツで考案されたアスファルトやコンクリートに変わる路面舗装です、写真に見えているのは現場近くに最近できた小公園のベンチのある路面に施工されたものですが滑り止めに細かな石の粒?が吹き付けられて隙間にはきれいな山砂?が蒔かれていますね、今ではマンションの通路など市松模様にカラーリングされたものを見かける様になりましたので(お散歩)の際にぜひご確認?下さい!

「インターロッキングな路面」への1件のフィードバック

  1. 昨日はこちら一日中、降り止む事なく雨でしたが大槌町では大きなお祭りイベントがあり傘や雨具で降りしきる雨をものともせず最後まで続いて、東京だったら当然のように延期か中止になっている気象状況の中、もっと厳しい天候で鍛えられた精神もあり祭りに対する情熱を感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です