除草にも感性を

先日台風が通過した日、近所で一人暮らしの方の庭の雑草取りをやりました、数年来この庭は除草をしており約20坪程の一般住宅としては広い方、雑草とよく言いますが皆んなそれぞれ個性を持ったリッパな?植物、時には漢方薬と珍重?されるドクダミ草もここでは嫌われ者、要は生活の都合や体裁上そこには生えて欲しくない場所にあるものは全て(雑草)なのです、繁茂する時期に3回ほどやるのですが2回目が遅れた為、歩けない程(写真上)、残すものと根から刈り取るものは場所や種類を見分けて工夫が必要!蚊の大群の猛攻撃?を受けながら草との格闘を朝9時から勝利宣言?(写真下)するまで約8時間、真夏の戦いは終了しました。

「除草にも感性を」への1件のフィードバック

  1. 余談 草取り最中、上写真、敷石の右端の上にどっさと物音!見ると大きな(ヒキガエル)私は左の二つ並んだプランターの所で除草中、正直なところ、(ガマガエル)と言って見掛け気持ちの良い生き物ではなく、そのうち逃げていなくなるだろうと無視!ところが動作は遅いものの、振り返って見る度にこちらに近ずいて来るではないか!飛び付かれることは無いと思ったが手に持った小さい鎌の背中で追いやって一安心?物干しの近くで何処に居るのかな?と振り返ると、またすぐ近くに(カエル座り)気持ち悪ーこれは自分の居場所を荒らされて抗議して居るのかなと思いましたが手前の残した草むら?まで追い返し、それからまた1時間以上ジットこちらを見つずけていましたが何か不思議な感じのカエル様に見守られての一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です