蕎麦の結実を確認!

練馬に帰る前日の15日夕方早目に作業が完了したので7月22日に種蒔きをして8月1日に開花を見てブログにも記しましたがごっとん会の蕎麦畑を見て来ました、既報の通り23日にこの蕎麦の刈取りイベントがありますがまだ一週間先の話、今回もやむなく不参加となりそうなのでどの程度実が付いたのか見てみようと畑のある山田町白石シロイシ地区に行って見ました、ちょうど来週のイベントに備えて周辺の草刈りをしていた組合長のコシダさん(とても人の良い方で車から缶コーヒーを持って来て、雪の2月の時も初対面で天然水を頂きました)にも会え生育状況も詳しく聞けてラッキーでした、やはり台風でやられたとか!もう実が出来ていて来週では刈取りが遅すぎるのでは!などと話してくれましたが写真を撮っている内にクラクションを鳴らして里の方に降りて行かれました!


≪渡辺さん御手蒔きと思われる蕎麦の実≫

「蕎麦の結実を確認!」への2件のフィードバック

  1. 蕎麦の収穫は稲などと違って実がつくと順々に落下してしまい花をまだ咲かせている株もあるのに刈り取るタイミングが難しい、いわゆる(歩留まり)の悪い作物の一つなのですね!前にも記しましたが密生して育った株の実は小さくてそば粉にならず、雨が多いと実の付きが悪くなるなど、成長が早い割には難しい?作物と言えるかもしれません、

  2. 練馬に戻りました!
    昨日9月16日(日)の朝7時半頃岩手県山田町にあるマンスリーインやまだを出発して→釜石市→遠野市→北上市の東北道[北上江釣子エズリコIC]より東京に近ずくにつれ行楽の車が多くなりましたが渋滞する事もなくスムーズに予定通り夕刻の早い時間5時前には帰着しました、今日からまた不在の時頼んだ仕事やマンションのメンテナンス同級会の案内状の発送、ブーメラン仲間の玉ちゃんとの約束?そうカエデの実の風洞実験もあり、案件が山積?次回岩手の出発までこちら練馬で忙しい日々が続きそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です