新鮮さの目印!

先日仕事でお世話になっている埼玉のお得意様から新たな工事依頼がありましたので行って来ましたが、この時タイミングよく(サンマの直送便)がこのお宅に届きました、そうです!私が岩手で何ヶ所かに送付予約を入れた一件がこのお宅、確か9月初めに予約して「10日以内に届きますよ」と言われたのがその後の(不漁)で遅れたらしいのですが、さっそく目の前で開封して見せて貰いました「なるほど新鮮だわ!」と言われ、「どうして判るんですか?」と←私)「なんだ!知らないの」っとツッコミを入れられましたが、この写真で見えてる様に(下あごの先が黄色ものほど新鮮)で冷凍品はこの鮮やかさが無くなって茶色?になってしまうらしいです←知ってましたか)こんな雑学的な事は浅く広くの知識は自信があったのですがこれには一本取られた気分でしたね。

「新鮮さの目印!」への1件のフィードバック

  1. 鮮度の見分け方のもう一つは誰でも気がつくと思うのですが(目の黒さ)ですがこれも写真ではクッキリ(表情)までありまるで生きている様?この秘密は滅菌された水に『海水の素』を入れて(人工海水)と言った水と氷にたっぷり浸かって届くためですが、水揚げから一日で届き刺身でも食べられる新鮮さ、色々なレシピを書いたパンフレットも添えられていましたが昔では海から遠隔の地では考えられない事でこの鮮度維持と物流の発達はたいしたものですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です