大槌駅がまもなく!

先日山の上からの映像では小さすぎて解りにくかったのですが、もっとはっきりした写真が出てきましたので合わせて完成予想図をネットからお借りして一部24日の【ブログ】と内容がかぶってしまいますが掲載しました!9月に帰った時はまだ基礎工事中でしたが二ヶ月でここまでできあがっていました!町が提案した3案より住民の自由選挙←大きなスーパーに設置した投票箱で)により選ばれた(ひょうたん形)の屋根を持つ建物、海岸線近くを通っていたJR旧山田線の三ヶ所の駅が大きく被災してここ大槌駅舎もその一つでしたが、こんな夢のあるユニークな駅に生まれ変わって、完成は1月になる様ですが次に来るときは(観光周遊の旅!)ぜひ立ち寄って見てみたいものですね!

「大槌駅がまもなく!」への1件のフィードバック

  1. この復旧する旧JR山田線ですがこのブログでも(踏切)や(試験車両車)が通った時などに新名称になる『リアス線』の話題としてお伝えしてきましたが、ここ大槌町に最初に来た今年1月10日時点ではこの駅近くはまだ線路の敷設が無くて路盤の砂利だけでしたが、ちょうどこの線路に沿った形で我々が復興住宅の工事をしているので来る度に出来上がっていく鉄道施設の復旧具合を見る事が出来ましたが明日から12月です、ソロソロ本物の?車両が試し運転?の為に今年中には走る様ですが最後の点検なのでしょうか時々人が乗ったトロッコが往ききしていますが釜石市と宮古市を結ぶ湾岸の交通路が復興すると東京からの鉄道による足が確保されますのでせっかくできた岩手県とのご縁をつなげる為にも今度は(のんびり)と列車の旅でも楽しみたいと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です