蕎麦打ち体験!

ここ山田町の地域振興プロジェクト→(やまだワンダフル体験びゅーろーの『ごっとん会』に入会して7月に来た時には蕎麦の種まきイベント←7/23既報)には参加できたのですが(そばの花見の会)と(刈取り)イベントには参加が現場進行上岩手には来られずにいましたが、今年最終の(蕎麦打ちの会)が昨日、ご覧の山里にある『白石田子の木生活改善センター』で開催され、約30数人の方々の中に入って、うどんを打っていたことは前にお伝えしましたが蕎麦打ちは初めて!←コネが難しいと聞いていたので手を出さなかった)でしたがここでは(アカモク←海藻の一種)をツナギに使って10割蕎麦を打って、それぞれが調理場に持って行き茹で上げを天ぷら蕎麦に地元の主婦の方に仕立てていただき用意されたおにぎりと一緒にいただいてきました!肝心の味なのですが私は作るよりその過程を楽しむ方が向いてる様で若い二人の男性と組んでやったのですが脇で傍観しているばかりでした、知らぬが仏で料理はすべてでしょうが作るところを(見ていなければ)もっとオイシク食べられたのかもしれませんね!

「蕎麦打ち体験!」への1件のフィードバック

  1. この『ごっとん会』を知ったのは今年の二月大雪が降った翌日ちょうど休日、山田町のホテルにちょうど滞在中、フロントの案内パンフレットに水車小屋がある事が載っていて→山里→水車小屋→雪景色と日本画のセカイを連想して途中の景色も楽しみながら行こうと徒歩で向かったのですが1,4kmを←途中道を間違えて)1時間ほどかけてたどり着き誰もいないだろうと思ったらちょうどそば打ちの会を臨時にやっていて賑やか!『ヒナビタ水車小屋が動きを止めて雪景色の中ヒッソリとタタズンデいるのかなー』っとの願いもむなしく?新設された建物に屋根付きの水車が時折(ゴットン)と響きながら回っていて、近くで世話をしている地元の方に「どうぞ休んでいってください」とペットボトルの飲み物を頂き、知り合ったコシダ組合長さんとも昨日は話が出来て「今度来た時は車で送り迎えしますので一杯やりましょう!」っと言ってくれて、(ちょうど)が三つ重なってご縁が成立!今回来た事で他にも地ビール工場との縁もあり←新登場)機会がある度に?再訪を楽しみにしようと会場を後にしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です