初詣は地元で!

今年も静かに新年を迎えました、若い時分はよく大晦日の深夜、遠くから聞こえてくる除夜の鐘の音を聞きながら寒風すさむ鎮守の森の神社に新年の祈願に行ったものでしたが東京に住むようになって、この初詣は地元ではなく都心部などにあり、TVや新聞などにも登場して誰でも知ってるブランド神社?に行ったのですが仕事仲間で信仰心がアツイ方に聞いた話「地元の氏神ウジガミ様を大切にしなければご利益を得られない」っと言っていましたが、そうですね数百万人が一ヶ所に押し寄せ?お願いしてもどこの誰だかワカラズ神様も困ってしまいますよね?ここ練馬にも歴史ある神社が多く点在しており昨夜もその前を車で通過して帰宅したのですが深夜寒空の中、多勢の参拝者が列をつくっていましたが、この方々にはしっかり神様も見極めてご利益を授けてくれるのだろうと(他人事の様に)思いながらもう年が明けて数時間も経過した時刻にトコに着きました。

「初詣は地元で!」への1件のフィードバック

  1. もともと信仰心が薄いのに十数年前までは人並みに『健康と家内安全』を祈願しに、この初詣に行っていたのですが二年続けてこの時期に(インフルエンザ)にかかり身も心も重症!この(不心得者)の精神が神様に解ってしまったのか見放されて、こちらも疎遠になってしまい神社の前に立っても賽銭を上げるどころか手を合わせる事すらしないで昨夜も人並みを見ながら通り過ぎて来ましたが今年も(カミダノミ)にしないで『自我確立!』まあ気力だけでは活きていけない年頃になって来ましたが六回目の(年男)でもありまた1年間充実した人生を堪能?したいと思っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です