仙台での年度末

思わぬ依頼を受けて、もう完了したと思った東北での仕事に2月25日に再来してから早くも一ヶ月を過ぎ昨日は自分にとっての五カ所目の現場でしたが市内から見ると海寄り『苫小牧から仙台行きフェリー』が着く仙台港の近く、年度末を間近に控えて完了を目指す?3階建21所帯分の賃貸物件新築工事の内←内装工事に、たぶん二十数人同業仲間が入っての突貫集中作業!どこから来た誰かも知れず、黙々淡々と進行中!私関係だけでも[所沢][名古屋]から応援に来た人もいて多種多様な?方々との交流はこの歳になっても刺激を受けることが多くてロウカ防止に役立っているのですが、担当グループ7人で下地作りからスタートしたクロス貼り数量はナント350m以上!通常考えられない数字なのですが(数のチカラ)はたいしたものです!今日昼頃までには私一人この現場を撤退して一番先に入った現場←若林区新寺の新築建物へ向かって床の追加工事←タイルカーペット)をやり明日からは仙台市の北東60㎞の街←涌谷ワクヤ町へ、これまた突貫工事の手伝いに行くのですが、昔から繰り返されるこの年度末の慌アワタダしさに巻き込まれ、「もう東北へ来る事はないだろう」という自覚?を2回繰り返しましたがどうらやこれが今回の東北へ来た最終工事になるようで練馬への帰還の日程が見えて来たようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です