金貨発見!

今手伝いに入っている現場には不要になった家財道具が玄関内タイル床に出されていて作業のジャマになり片付けが必要→(なんちゃって大工)としては格好の出番!誰にもできる袋に詰めるだけの単純作業でしたがフト見ると段ボールに詰められた大小の小箱は何か貴重品←宝石箱の様な物も混じって?だったのですがあきらかに不要品で廃棄物状態だったので気は引けたのですが中身を確認!多量のデザインされたイヤリングが主でしたが→カフスボタン→記念メダル→勲章?→ブランドライター→コインなど純正のほどは不明ですが新品で買ったらかなりの金額になると思われる装飾品が出てきて多少古びてはいましたが磨けば光る?物ばかり「コレほんとに捨てるの?」と聞きたいのですが家人は改装に伴って不在、ゴミ袋行きは見合わせてジャマにならない所に移動しただけに留めたのですが→貴金属で思い出したのが東京に出て来て初めて住んだ石神井で数年過ごした当時『金の利殖』が流行って?金貨を貯めた←ホンノ数枚)記憶が蘇ヨミガエり昨日心当たりの場所を家宅捜索?して和室長押の隙間←古典的な隠し方)からややクスンダ小さな巾着袋に入って出てきたのがこの『クルーガーランド金貨』イヤー38年ぶりのご対面!ご覧の通り包装紙から出したママで拭いたり磨いたりしていませんが確か22金でしたからほぼ純金に近く→このゴールド感!!奥に見えてる小袋にも二枚入っていて計四枚→(ゴールデン)ウイークに相応フサワしい?発見でしたね〜

「金貨発見!」への1件のフィードバック

  1. この金貨を貯めようとしたきっかけは当時T貴金属という会社が金キンの資産化?キャンペーンを新聞広告などを使ってやってたのですが高校時代のサカイ先生から「財産として持つなら現金・株券・金キンを三等分して蓄えるのがベスト」とそれぞれの価値の違いを→ズレた黒縁のメガネの奥から覗くようにして解説してくれた事があって、一切補償のない自営業では先生から聞いた話は実感があり、始めた事なのですが、たまの休日に近くの都心部と言えば池袋!デパート1階の貴金属売場で若頃とはいえこんな場所には似合わない風情の人間を訝イブカしげに見る黒いスーツにビシッとキメタ装いの女店員から買い求めて(貯め込んだ)家宝?でしたが10分の1オンス径が2センチほどの小さなサイズで当時の価格はマッタク覚えてなくて、その後の引っ越し住宅ローンの支払いもありこんな余裕もなくなり、たったの二回で諦ヤめてしまったのですが現在の価値はどのくらいか調べたらいろいろ出てきたのですがこのT社のサイトでは一枚当たり¥13,000-くらいアワテテ銀行の貸金庫に預ける必要は無さそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です