見ましたか!驚異の技術

TV番組は創作された物語(ドラマ)や映画よりも→紀行やテクノロジーの実世界を扱ったドキュメンタリーものを好んで見るのですがつい最近NHKの科学特集番組『人体』で放映されていたのがDNAの話、じつは本放送を見逃して朝食時にフト見た、しかも再放送の一部分→イチを見てジュウを語ることはできませんし素人が興味を持ったクライではとても理解できる世界の話ではありませんが簡単に言うと『個人のDNAデーターだけから顔カオ形、人相が正確に判明する事ができる様になった』結果→アメリカの事件現場に残された犯人のDNAを採取、解析してその顔が立体的で実像に酷似して再現できて逮捕に結びついた実話部分を見たのですがすでに日本でも実用化されていてスタジオに招かれた男優さん?が実験台になって口の中から採取したDNAを元に解析、見事→一卵性双生児の様に画面上に再現されていて「この科学技術の進歩は今もっとも急激な事」っとある国立大学の著名な先生が話されていましたがズブの素人には正に驚愕の出来事←ご覧になった方はまた別な感想を抱かれたと思いますが人間に限らず生き物の身体には避けてとおれない遺伝子情報のDNAが埋め込まれている様でこんな形でばかりではなくて難病の克服や社会生活をする上で良い意味での個人特定など応用範囲は広い様ですから→おじさんとしては「昔はこうだった!」などと頑固な事を言っている場合ではありません!こんな急激で驚異的な技術の進歩にもスナオにツイテゆきその恩恵を受ける事にしましょう!

「見ましたか!驚異の技術」への1件のフィードバック

  1. 写真は遺伝子を積んで?今にも飛び出しそうなタンポポの種子を真上からとらえた絵ですが、「こうして子孫を拡散して残していくのです」と言われればこの程度なら素人でも解る話ですが、細胞の中にある遺伝子のほんの2%のDNAが人の個性を決めてしまうと説明されても聞き込むほど難解で『宇宙』『光』などもそうなのですが科学の世界を(興味がある)くらいでは到底理解することは無理!→なのですがこの話を理解するヒントは人体を限られた小宇宙とみて形ずくっている細胞の奥のまた奥→遺伝子までたどり着くわけでDNAがその設計図と言われていますからそこからスーパーコンピュータを使って逆算すれば元の形が再現できる←「そんな簡単なものじゃないよ」と言われそうですが原理的にはそんなもんでしょうね→ともかくこんな事はほんの一端これからは社会全体がデジタル化の影響で大きく変わっていくことは間違いない事実!その進捗度も急進して「次の世代の事だから関係無い」などとノンキにしている場合ではありません、例えば病気になって慌てて治療したり太ってから痩せる努力をするよりも事前にDNA検診でも受けて予防医学→100歳までの健康寿命を手に入れるのも可能になってきました?古い習慣や考え方に拘コダワってばかりいるとこんな時代の変化も見落としがちになります、まあいい事ばかりはありませんが科学の進歩にはこれからも興味シンシン→注目していきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です