珍!若林踏切!

先の8/4に行った目黒の現場が当初の打ち合わせと大きく異なって三ヶ所のところ五ヶ所←大した違いじゃない)っと思われそうですが内容が悪すぎ←下地の問題で)この日は2〜3階部分を終了させたのですが残る1階部分は大仕事→お客様が出掛ける時間までにはトウテイ終わりそうになく←タイムアップ→昨日再訪して完了させたのですが練馬に戻るには都道環状七号線←通称『環七』を通るのですが現場を出てまもなくこの踏切はあるのですがご覧の様に遮断機や警報機などもなくて踏切の体裁が皆無!代わりに信号機が道路側について、一般には電車が道路事情に関係なく通過するのですがここは自動車優先→電車はこの場所に差し掛かると反応する道路の信号で止まるクルマと電車専用信号を確認してナオカツ道路手前で一旦停止←まるで車と逆の安全確認をして進むのです→昨日見たのはもう久しぶりで昔は路面電車の様な地味な車体でしたが今ではこんなモダンでカラフル←見た事はないのですがヨーロッパの登山電車の様!?また田舎者をサラケ出してしまいますが飛行機などもそうですがこんな機械モノが確実に動くのを目の当たりにするのは昔Nゲージなどという鉄道模型に凝っていた事もありコウフンするのですが二回往復して初めて運良く?道路側の信号機が赤で先頭で止められて撮れた一枚!新幹線などと違って手の届く範囲をゆっくり進むこんな電車にのって東京巡りをするのも良いかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です