00222222222!

何の数字かわかりますか?昔ブーメラン関係で大変お世話になった方がおられるのですがこちらが突然その組織?を退会してしまい恩義を受けながらこの方だけには無礼千万←不義理をしたままご無沙汰して←もう13年←年賀状のやり取りだけは続いているのですが先日残暑見舞いを送った際、送り状に書いた郵便番号と住所の地番がこの数字←もう何県か言って(–)の挿入ヶ所がわかれば個人宅まで判明してしまうのですが住所は選んで住む事は出来るのでしょうが偶然なのが郵便番号←初めは3桁でしたが7桁になっても2が付いてマワリ?今では賀状など住所録から自動印刷するので困る事はないのですが先日のように手書きする場合は区切る場所を確かめながら記入しないと宛先不明になってしまうので要注意!グウゼンが重なってのことで1〜9←は無いかも)までの数字で全国、どこかにこんな連番は存在しているかもしれませんが覚え易いと云うより地名は判っているのですが逆にどこで区切るか忘れてしまい未だに控えを見なければ正確には記入できないでいるのです→昨日この方から(受領)の連絡が携帯にあってもう十年以上←久しぶりにお声を聞きましたが私と同じくらいだとは思うのですがやはり年相応の声質で一安心??親族関係が毎年亡くなっていくので年賀状ではなくて「喪中ハガキを書きながら故人を偲ぶ年が続いている」とのこと、私も同じような境遇ですが、いつまでも気分は若いつもりで過ごしていても、こうした現実は致し方ない自然の流れ←おっといけません話が⤵︎しましたが、またいつの日かお会いして昔話をさせていただく事を約束?して電話を切りましたが歳を重ねると人的交流が一番の生きがい!それが一部復活?したお話しでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です