孫も子供も!

国を挙げてのイベント?天皇即位パレード←この記念すべき日に我が家←私にとっては五人目の孫)初孫以来15年来タブン今回が最終の七五三内祝いがあり双方の親族が久しぶりに集まって祝いの膳を囲んだのですが孫と言ってもナツカシイ言葉に他人は「眼の中に入れてもイタクナイ」などと言われて歌にもなってヒットした記憶がありますが私にとって(可愛さ加減)は子供と同等?世間並みに?産まれるたびに「この子と酒が呑める迄は」とか「この子が嫁に行くまでは」とか今ではこんなクラシカルな言葉はあまり聞かなくなりましたが→思いめぐらせてこうした種々の祝い事があるたびに成長を確認?してきたのですがこの孫は東北生活での休日に青森の十和田湖周遊道路を案内役の大工さんの運転でドライブ中「産まれたよー」と携帯に知らせが入りスッカリその事は忘れていて「あっそうかー、よかったなぁ」と当人には申し訳ない?のですが五人目となると感動より「また一人→イロンナ意味で負担が増えるなー」との想いをしたのですが過ぎてみればもう5年!二番目の孫娘も来る年には成人式のイベントも控えて祖父役?をマットウするのにまたヒト工夫(クロウ)しなければなりませんが同等感覚の子供が七人居ると思い←今日からまた次回のイベントで旨いビールが呑める様それを生きがいと感じて自分を活かしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です