進化するファミレス⁈

近頃の外食産業の乱立?による顧客争奪戦?は低価格戦略から消費者が求める品質の向上で客を呼び込む戦略?へと変わってきている様で高級レストランや料理屋を気軽に利用できない我々庶民にとってはありがたい傾向!まあそんなに本格的な食事を求めてファミレスに行くわけではないのですが若い時より量より質を自然に身体が欲しがる年頃になってきている事も事実!ナンチャッテ→グルメ族かもしれませんが同じ店が歩いて行ける近くに在るのにワザワザ越境して隣りの県へ←と云っても車で15分ほどの埼玉県和光市迄「野菜の盛りが全然違う!」っと、どこで聞いてきたのか噂を信じて、でかけて行くのですが麺類の中でも中華系のチャンポンの店!写真は自分が注文した味噌味の「牡蠣チャンポン」八丁味噌?風の赤味の味噌ツユ汁にモッチリ太麺とたっぷり野菜に独特の紅白の薄切り蒲鉾?が混じり、大粒の焼いた牡蠣が3個載った私にとってはマンゾクの食欲感⁉︎好みでラーメンはモチロン和風の汁物(けんちん)なども醤油味オンリーなのですが「牡蠣が食べたいので味噌でもいいかー」とナゲヤリ的に頼んだのですが辛味と甘味と麹感がナントモ絶妙な味わい→通常塩分を控えて蕎麦の汁やメッタに食べないラーメンのスープなどもすべて残すのですが汁を含めて完食!見えているキクラゲも普通黒く硬いイメージですがコレは透き通る様な茶色で肉厚←食感も柔らかく味があり、もう云う事なしの星五つ!→この日は長男夫妻と大人だけの会食!仕事も一段落!体調も良かったので気分も快調!アマリ好まないビールなので一杯で辞めとくトコロ→杯を重ねて大満足な外食会でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です