お瀬戸に木の実が落ちる頃!

  1. この秋はいつまでも暖気が残っていた気がしましたが大気は急降下→しばらく続いた涼しさは今月に入ってイッキに寒気に変わって練馬でも辺りはこんな感じで風景は晩秋の装い!昨日は現場仕事が一段落して以前から頼まれていた数枚の襖貼り替えをカルク←家仕事!外ソトマゴ孫←今時こんな言葉は聞きませんが)で小五の展覧会があると云うので実の子供の時もそうなのですが同じ感情で(見ておいてやらないと後で何を言われるかわからない)←by家の者に)っと仕事合間に徒歩で行ったのですが、この写真の様な風情があちこちに、通常ケヤキの葉は始めから茶色になってしまうのですが今季急冷したせいか赤味がかってお寺の境内にある大きな木は側にある桜のヤハリ大木の枝葉と共演で秋を演出して車でいつも通っている近所の道なのですがこんな漫ソゾろ歩きでなくては気がつかない季節感!夕方仕事を納めに行ったお宅では「田舎から新蕎麦が送って来たのでいかがですか」っと思わぬ頂き物!モウ蕎麦といったらメガナイほどの好物→サッソク昨夜のうちに身体に入ったのですがタブン昔田舎で子供の頃から食べていた五割蕎麦←小麦粉とのバランスがよく今では二八とか十割蕎麦がモテハヤされていますが私的には食べ慣れた理想の食味!で視覚と味覚で征ユく秋をタンノウ⁉︎近くの光が丘公園では秋のビックイベント「練馬の農業祭」も開催中!おばさん達がいなか饅頭の実演販売で競って買い求める騒動?もあった様ですがまだまだ都会の片隅、ノドカに練馬の秋は暮れていくのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です