信頼性は正確な記憶から!

今週の日〜月曜日に大阪から来ていただきタブレットに仕事上必須?で強力に記憶部分を補強してもらえる新ソフトを設定してもらったのですがこのファイルメーカーというデータベースソフトはモウ古くからある専門家?の間ではよく知られたパソコン上で動くソフト⁈汎用性が高く?使用目的によってカスタマイズ?できるのですが私が使う場合現場に持ち出すタブレットで動いてくれないと導入価値は半減、仕組みはシンプルなので設定さえ済ませば誰でも操作に迷う事なく利用できるのですがここでいうところの設定が至難の技!例えると何もない空間に部材を集積して情報の記録を入れておく棚を作り上げる様なモノ←例えが正確かビミョウ?)昨日はそのタブレット←アイパッド)に入ったソフトに→ここ一ヶ月ほどの手書きの現場資料をデータ移行!←そのものはスムーズに進んだのですが入力画面の順番や枠組?システム的な要望も出てきて→先日来訪された大阪在住で私のデジタル疾患の主治医トガイ先生にお電話←症状を伝えるとPCとiPadをつないでおくだけでナント数分でソフトの内容を要望通り替えてくれたのです!プログラミングと言うほど難しくはない?とは思うのですがジツはPCしか使っていなかった時期このソフトにチャレンジしたのですが、このシステムがどうしても理解できずに断念した記憶があり、あれからダイブ時間が経っているのでもっと簡略化していると思ったのですが基本は同じ←トウゼンなのですが)ヤハリ若い脳力は強い味方!こんなやり取りで使ってわかった不都合?は一気に払拭されて自分流にカスタマイズされたデータベースソフトが携帯性を持って本格稼働←仕事そのものは身体を動かさない事には結果がでませんが老いてマスマス加速する記憶の退化を逆に進化?させてくれて仕事上人間関係の信頼性を上げてくれることは間違いありません!←かな⁉︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です