成人の想いで!

正月のビックイベント←昔は15日と決まっていた祝日はいつの間にか誕生記念日などもそうですがずらしてはオカシイ日まで連休制度?にソッテ毎年日が違うと云う話が出来上がっていて今年は本日13日ですが、モウ半世紀以上前になってしまいましたがトウゼン成人式を経験していてタブンその時に近所のハシモト洋裁店?で人生初めてのスーツを親に仕立ててもらった記憶がありますが出身中学校の体育館での式典に行ってみると東京など都会に出た同級生を見ると同じ服装なのに髪形←この頃は立派に存在していました)はもちろんピッチとしたイデタチで→ネクタイの結び方をはじめ、誂えて身体に合っているはずの洋装?も何となくギコチナイ自分に比べて対照的に見えて、今で言うところの(カルチャーショック)を感じて式典終了後さっさと自宅に戻ってしまったのですが家の有線放送電話に「オオハシ君の家にみんな集まっているので来ませんか?」と連絡があったのですが今考えると素直に参加すれば良かったものの、そのまま自宅で普段着に着替えてナントなくパッとしない生涯一度の成人の日を過ごした思い出があって人間幾つになっても性格というか性分は変わらず気持ちの切り替えがうまくいかないのは持って生まれた運勢の様で半面こんな自分だからこそといったメリット?もあるのでしょう←無いか?)から4回目の成人?に向けて→今日は孫の内二番目に成人になった子供の晴れ着姿を見る為に臨時休業!こんな祝いの証も用意して一緒に自分の将来も夢見るのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です