肩はコル話

立っている話から寒さで身を縮めて肩がコル話題に移行するはずが昨日の暖かさ←暑さ?は何だったのでしょうか⁉︎一昨日は東京でも深夜から明け方にかけて雪が舞い薄らと今季初?←私が見たのは)の雪化粧←朝出掛けに駐車場に行って見るとフロントガラスは全面雪で覆われて車載の雪かき←東北生活で活躍した)で払い落とす程、数キロを運転中に寒さで肩を窄スボめて気が付くと硬直状態?痛くはないものの両肩を下ろす様にしたら楽になったのですがコレが肩こりの一因←運転中も暖気は使わないので無意識のウチに寒さで筋肉が緊張して1分間で全身を巡るハズの血流が少なくなって発症するらしい、基本クロス屋さんは特に天井を貼る時など両肩をフルに使っての作業、四十、五十肩と云われる若い頃からその症状を理解できないくらい(肩コリ知らず)筋肉を痛める程の重労働はなくて適度に解ホグす様に脚→腰も使うので血流は抜群!仲間誰に聞いても肩コリや腰痛の経験は無し⁉︎この症状で悩む程ひどい人からは「羨ましいねー」と言われた事がありましたが昔子供の頃の話→親孝行の代名詞は(肩たたき)←「こんな事をしてやって何が楽なのだろう?」っと内心嫌イヤ々ながらも目をホソメル母の顔を見ながらやったものでしたがタブン昔の女性主婦はこの時期寒さの中→水汲みから炊事洗濯全てが身体を使った仕事→解すどころか重労働の果ては←筋肉は緊張して萎縮?夕べのひと時可愛い子←私の事)に手の温ヌクもりを感じて物理的な効能より気分的にも親冥利ミョウリ?を感じていたのでしょう←自我自負)っとまた方向性が変わりましたが本日のシメは何がきっかけでコッテもいない肩の話かと云うと原因は様々ですが寒さで肩を竦スクめただけでも簡単に発症?しますので気が付いたら軽く柔軟体操←肩を回したりカクンと力を抜くだけでも)するだけでも解消する問題!気の持ち様もありますがこんな時にもすぐ第三者に頼らないで自己回復!昨日の(立ってみる)話と同じてちょっとした症状を自分から病気にしない事がいつまでも元気で居られる秘訣なのです!


《寒空に麦踏みの思い出》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です