はつかり号は北国へ

今頃東北仙台では内装仲間が明日の仕上げに向けて奮闘中?らしいのですが先日思ってもいなかった気仙沼のムラタ君から「ワタナベさん来られないんですか?」っと昼休みに電話が入ったのですがマサカの参戦、こちらは行けなかった理由←物件)の消化中!で急ぎの現場は終了したので正月開けから続いているリフォーム現場に戻って仕上げ作業を続行中←とくに気を使う仕事ではないので久しぶりに音楽でも聴きながらキラクにいこうと例のワイヤレスイヤホンを耳に掛けて聞こえてきた歌は高音のノビが魅力的で若い頃からファンだったチェリッシュの「だから私は北国へ」恋に破れた乙女が傷心を抱えて北へ旅する心境を歌った曲でしたが→今回は(だから私は北国へ)行けなかった訳でしたがこの人が来るのなら無理をしても行けばよかったと後悔させられて←これは2日の話→昨日は石巻より同じ事務所で同宿して青森県出身の私より少し歳が上の大工さんより東北生活中でもメッタ電話などもらったことが無いのに「豊島園のニュースを聞いたらワタナベさんのこと思い出してさー!」っと元気な声を聞かせていただきありがたかったのですが→この方とは五年半ほど前に弘前市の岩木山や自然遺産の白神山地など青森の自然を案内してもらったガイドとしての想いがアリ人的交流で先出のムラタ君と同様に北国への愛着をツヨメタ内のお一人!震災が無かったらと言うと何ですが東北とのご縁はこんな歌の世界だけを感傷?するだけで終わっていたのでしょうが岩手のコシダさんやハットリさんそう肝心のサトミさんも今頃どうしているのでしょうか今回は初めて自分から断コトワったのですが未練がましくヨケイに東北への想いは募るのですが同じ歌手が歌った今はその存在が無くなった「はつかり号は(私の気持ちの中では)北国へ」向かうのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です