水はミズカラの判断で!

昨日は(消火)の水の話でしたが人間何か一つをキッカケにいろんなことを連想するもので本日のお題目は聞こえは同じでも(消化)に関する水のお話→よく人は食事の時にお茶や水を自宅食?外食問わず提供されて飲むことが多いと思いますが大昔→兄がタブン中学生の頃だと思うのですが「ご飯を食べる時はお茶なんか飲まない方が良い!」「胃液が薄くなって消化が悪くなる!」っと家族の前で何処で仕入れてきた話か発言した事があったのですが誰一人聴く耳を持たずに→食事の作法として食後のお茶は当時は←今でも)当たり前の様に飲んだもので自分の場合はお茶は身体に合わないとバカリに思い込んでモッパラ水一筋!前にもココで話した様になるべくカルキ→塩素が含まれて無くて尚且つスポドリにある様なヨケイな?成分が混入?していないタダの水を食事の前後はもちろん→コーヒー、ビール、などの飲用時?前後にも刺激物が胃などへ直接流入するのを緩和する目的で飲んでいるのですが自宅には昨年秋頃に子供の勧め?で入れたウオーターサーバーがあるのですが関連会社のHPには「食事中の水やお茶の飲用は考えもの←胃酸を薄めて消化が遅くなり胃にも負担が掛かる!」っとナント水はどんどん飲んで欲しいハズの水の提供を業とする会社が言っているではないか!モウ数十年前に田舎の長男が発した言葉はマサに正論←だったのですねーまあ何事もリスクがあればメリットもアリ一方的に語ることはできませんが食事中の水分は野菜や味噌汁スープなどに充分含まれているのでアラタメテの水分補給の目的で飲む必要がない事は確からしい?タダシ食後すぐに口内を水やお茶などで濯ユスぐ意味はありそう?で私などビールのアルコールで消毒するつもりで食事と共にツイ飲んでしまうのです!←こんな言い訳は通用するはずはありませんが)どちらも過ぎたるは・・・こんな知恵も心して適切な水分補給を考えてみましょう←上から目線で本日の講義は終了です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です