マスク話がおもしろい

久しぶりにいつもの大工さんにお願いしてマンションベランダの耐水防滑タイプのシート面をお持ちの高圧洗浄機での清掃をお願いしたのですが現場に現れた時にはトウゼンの?様にマスク人間!←でも何か変?厚紙を口に当てただけの様で平面的なマスクは「じつは自分で手作りしたんだ!」とか、そういえば数年前に奥さんが使っていたミシンが壊れて修理を依頼した際←新規購入を女性の営業マン?に勧められて人の良い方なのであまり必要性が無いと思われるのに数万円でご購入!キヨウな方なのでヒマに任せて作業着などの繕い物や私もズボンの裾上げなどをお願いした事があって、職人の性サガ←本業がヒマな時にもトモカク元気な方一日中動いてないと気が済まないタイプ)今でも毎日欠かさず読む新聞はTVと共に重要な情報源!こんな記事を参考にして作業ができる悦び?と実用??を兼ねてセッセと製造したらしく得意そう!←ここで『何の役にも立ちませんから無駄な努力でしたねー』などと発言したら良好だった人間関係がハカイする事間違いなし)「いやーキョウに上手く作れましたね〜!」などと心の片隅にも無い言葉を返したのですが効果の程はこの記事の左下にも見えている通り!→気分的→見せ掛けのエチケットなどの理由で手作りマスクを愛用?するなら製作→着用→もし再利用するなら→洗濯までアクマデも個人的な流れに収めておかないと意味がなくプレゼントや家族などとの共用はもちろん洗濯など←かえって感染拡大の可能性大→また近い内に大工さんに会う予定がありますが『コレ!渡辺さんにアゲルよ~』っと言われたら→ナント言葉で返したらよいのか?ナヤムのです!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です