本日【ブログ】休業←(不要不朽?の方は読まないで下さい)

昨日は例の西池袋で漏水によるマンション一室のクロス貼替工事、コレも工事自体は十数メートルしか貼り替える部分は無くて事前に家で糊付け作業は終わっているのを持ち込んでの現場作業は半日程度、洋間天井部分は先日来た時に乾燥させる為剥がしてあり問題なくすぐ貼れる状態でしたがタブン多少浮きが出てるがトイレの壁は問題ないだろう←漏水の程度)っとアマクみていたら下地がモルタル仕上げでクロスとの間に染み込んだ水はほぼ四面すべて一面は特にひどく水分ではなくて水ミズが直接手に付くほど←ワザと水を掛けた様に濡れていてビックリ、通常こんな事例は数日放置して乾燥を待つのですがこの部屋は居住用ではなくて何か美容関係の店舗として使用されているとか現在コロナで営業を自粛中、解除で間もなく店を開けたいので何としても一日で工事を終すつもりで行ったのですが、さあー大変!乾いた布や吸水性がある紙でとりあえず水ミズケ気を除去、管理室から扇風機とサーキュレーターを持ち込みトイレ内を強制換気、その間トイレ天井部分は化粧合板が漏水具合を見る為壊されて大きな穴が空いていたので本来大工さんの仕事なのですが手先が器用?で多能職←なんでもできる人は何をやらせても中途半端と自覚はある)なクロス屋さんが資材機材を持ち込んでの木工事←写真参照)両面テープとボンドで寸法と型取りから板加工張り付け、天井灯配線のシーリング取付まで一連の作業は昼過ぎまでかかって二次元での?片方のクロス屋さんにはお帰り願って?こちらは遅い昼食後ホンリョウ発揮の出番→洋間天井は問題なく終了して→トイレ壁はすでに5時間も回っている換気装置のおかげで完全ではない←残っている湿気で接着不良の可能性がある)ですが貼れる状態まで乾いていたので念のため全てのコーナーには貼る前後にWコーキング、朝現場入りした時点では迎えてくれたオーナーさんには「遅くも昼過ぎには終わりますよ!」っと言ったのは大誤算←コロナ騒ぎと同じで)ケッキョク片付けから資材搬出まで完了したのは夜の帳トバリが降り始めた六時半頃!◀︎毎日仕事や自分の行動を物理的に?記録するのにスマホアプリで日記形式で記録してますが昨日の仕事内容を詳しく【ブログ】風に書くとこんな感じになるのです!まぁすでにお気づきの方もいられるでしょうが内装工事は女性の化粧と同じで実状をいかに巧ウマく見てもらえるか!の勝負?なのですねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です