発想は計算能力の差!

夢ではなくてある日突然仕事中などに昔印象的な出来事?を思い出す事はしばしばあって←良く言えば人生の積み重ねで溢アフれる?ほどの経験体験したことが脳裏から浸み出してくるのかもわかりませんが昨日はこんな時節柄←夕焼けなど見たこともないのに→「俺が夕焼けだった頃妹は小焼けだった」「わかるかなー?わかんねーだろ〜な!」と言って一世をフウビした漫談家のキャッチフレーズ?を思い出したのです→「赤信号みんなで渡れば怖くない」などと言った漫才もあって特別難しい言葉ではなくても思いもよらぬ意表を突く話にはその発想に感心するのですが現在進行中の現場は二ヶ所並行して作業が進んで地元での耐震工事では、いつもの大工さんは発想の名人と云っても新築の場合は計画的に組み立てる事は楽なのですが既存の建物は昔からの伝統←セオリー通りに構造がなっているのですが設備や電気配線が隠れていて工事の邪魔になるので耐震金物を入れるのに頭を悩ませるのですがモウ一切気にしないで作業を進めて結果→後の納め部分で何とか形にしてしまうので経験から出てくるアイディアは頑固な昔堅気?ながらご立派!機転が効くと云うのでしょうが歳に似合わず←失礼!)私などすぐ目の前にヒントが転がっているのに気が付かずまた相手が誘導?してくれているのに鈍い感覚は逃してから気付く敗北感は若い頃の恋愛と同じ!片や昨日から再度入った現場にはまだ50代のリフォーム会社の社長さん←専門的な技術を習得した事はないタブン?→のに住宅全般床下から屋根まで全てと言ったら大げさですが知見はこれまたご立派!大工仕事はもちろん電気水道設備内外装←自分の守備範囲も侵されている笑)一般に云われているのはコンナ万能職人?は形はできても仕上がり具合←納めが不完全な事が多々あるのですがモウ知識に基づく見識がしっかりしていてモシ時間的力量的にオーバーフロー?になる時は各専門家に依頼するのです←正にリフォーム工事の王道→多能職人なのですがその原動力となっているのがITを活用した結果を即現場に反映させる手法は言われてみるとナルホド!と思うばかり「バーチャルな知り合い?は数え切れないほどいますよ!」とは今では珍しくないのでしょうが自分と比べて基本の発想の違いを痛感!先進ぶっていてもモノにできるか否かはアタマ脳のでき次第!どう頑張っても基本性能が無い←計算能力の差は埋まり凹にありません!


《はびこる外来種》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です