人格は格段の違い!

朝目覚めたのは神奈川県相模原市上鶴間という土地←ソウ昨夜から続いた現場での仕事は帰宅をすると→連日続いた疲労と寝不足でマチガイナク居眠り運転の危機ありまた当日来ると時間のムダ→引越しに荷物を入れるスペースが確保できないなどの理由で現場泊また仮眠したのだ!予定通り朝方7時すぎにはお客様が現場へ確認に来て一睡もしていない設計女史←今回の請元で責任者)養生剥がしと清掃作業をしていた様子)と打ち合わせ!「これなら荷物運んでも良さそうだね!」っとはご主人が言ってくれて、いっきに安堵したのは徹夜をしてまでここ数日自分の守備範囲外なのにガンバッタ設計会社からの女性←タブン40才台)私も同感!「10時過ぎには引越し屋さんとまた来ますから!」数百m離れた仮住まいへ戻られてそれからが床部分の半分近くがまだ養生が剥がれてなくてサア大変!時間通りには引越し屋と通信会社、TVと冷蔵庫洗濯機など新品の家電製品が配送されて来てモウ通路がない程で荷物と人で大混雑←昨夜までの現場←写真)は一変して物置倉庫状態→引越し当日まで作業をして居る方が悪いのですが施主様のご理解がなかったら今回の工事は完全に破綻して大問題?に発展して収拾がつかないところでしたがイロンナ意味で懐フトコロが大きく同姓ながら比べ物にならない人格と許容の深さで施工側の完敗←責任問題)は最小限に抑えられそう?自分には当初手伝いに来てくれた地元の内装仲間から状況を心配しての電話があり、ブログ管理者からは無断で丸一日原稿の受信が無いものだから身の上?を心配されてメールが入るなどの影響はありましたが管理責任者と施工担当者ヤク2名はここ数日睡眠時間は2〜3時間のはず!まあ私よりかなり若いので回復も速いのでしょうがこの原稿を書いている時間←8/1午後)までには元気を取り戻しているかも知れませんが老人心は募るのです→この4月で完了した東北での仕事でも体験した追い込み駆け込み作業は何とか形になったのですが今回ばかりは判っていましたが→どうにもならない結末はスベテ『ご理解ある施主様の人間性!』甘えてはいけませんが人生は他人によって生きて活かされるもの私など遠くに及ばないのですが今回のリノベーション工事では見習いたい人生の達人との出会いをさせていただきました!←敬服!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です