栄養バランスは量の問題!

田舎の父親は90キロちかくあった体重が因モトで疾患→生涯病気知らずの元気人間が68才で人生初の入院!約2年の闘病後亡くなりましたがはやくも30年前のお話し元気ならば今年でちょうど百歳←まああり得ない年齢ではありますがその父親に4人の子→三人の男兄弟の中では一番似ていると周りから言われて今となっては頭髪を主にして wara)顔立ち体形まで、ますます似てきて生前自分が原因で気苦労を掛けましたが今になって親孝行?タブン同じ遺伝子なら食生活に気を付けないと同じ運命を辿る事になると10年以前、東北生活が始まる前からダイエットを心がけてウエストサイド?88センチ自重0.078tあった数値を今では85と73まで下げてキープふつうは親の良いところ←人望も厚くソレなりの人格のあった人)を見習って活きるますが弱点を?我が身に反面教師として捉えて既に3年ほど長生きしていますがその親が常に言っていた事は「食べ過ぎは食べ足らないより身体に悪い!」まあ結果的には判っちゃいるけど止められない自業自得で病に倒れましたがあの食料がけして豊かではなかった時代にどこで聞いたのかよくも言えたなーと今でも時折子供達にも話しますが確かに消化で臓器に負担が掛かるだけではなく増やしてから減らす努力をするよりはじめから栄養を入れない方が効率的!自分もコレだけは今もキモに命じて守っているところ!わかりやすくココで何回でも記している様にカロリー制限は簡単に遂行、塩分摂取もマイナス方向に心掛けていましたがもう時期は過ぎましたが猛暑の頃気力体力の低下はさほど感じないのに何か身体が前に進もうとしない倦怠感を覚えてタブン塩分不足←蕎麦つゆを薄めて使ったり醤油類の調味料を一切使わず漬け物類も)が原因かと調べたら風が吹くと桶屋が儲かる的にそのプロセスは複雑多岐に渡りますが多すぎる事はもちろん少な過ぎても悪影響は大?ここ数日はいつも昼時のれんをクグル蕎麦屋さんへ行って盛り系のつけ蕎麦を注文→薄めて少し付けていた汁を原液?のままたっぷり付けてお召し上がり!たぶん山形のヤマグチさんにはまた「気のせいだよ!」と ぶっつり斬られそうですが wara)このところ体の動きが軽くなったのは確か!他人ヒトは簡単に栄養のバランスを!と言いますが何種類かの栄養素をバランスよく食べるのは簡単そうで難しい話→糖分脂分アルコールは意識して摂る必要は無し←ビールも残念ながら)塩分摂取は生命維持に欠かせない必須項目←要は量のバランスが大切→何事も過ぎたるは及ばざる如しその逆もアリ今になってもトウの昔父親から聞いた教訓は生きているのです!


《これにご飯が付きますがカット》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です