潮時日和ビヨリ!

とは物事をするのにちょうど良い時と辞書にはありますがたぶん漁業などで潮の満ち引きを見計らって貝採りなどやるのに良いタイミングになぞった言葉!誰でも解る簡単な諺コトワザでしょうがカンタンには心情的に真似をできないのがコロナによる新しい生活様式!昨日は唯一都心部にある取引先工務店の仕事で向かった先は関東近辺では超有名な主に高齢者の参拝処『とげぬき地蔵尊』のある豊島区巣鴨!仕事内容は12帖のごく平面的で移動する荷物も少なく四角い部屋の天井と壁の50mチョットのクロス貼替工事で一人で二日間掛ければ難なく楽勝?っと見積もったのですが→片道13キロ程スムーズに行っても約45分を二往復リビングだし朝の早い時間から遅くまでやらせて貰えば若ければ一日仕事で作業は完了するかも←下見の時にいろんな思惑が交錯して→どうも一人では仕事完了までのプロセスに自信が湧いて来ずそろそろ年齢的に仕事で掛かる心身共の負担にギアチェンジのシオドキを感じたのですが→ケッキョク仲間の手伝いを頼んで作業開始→こちらが指示をしなくても積極的に動いてもらえるので大助かりの文字通りの助っ人!昼時になったので共通の食嗜好、絶対旨い蕎麦屋さんがここならあるっと向かったのは徒歩数分で行ける『巣鴨地蔵通り商店街』すぐに発見老舗風の店に入ると目の前には『手指の消毒をお願いします』と消毒?スプレーは何処でもある光景→『新しい生活様式に基づき料理が出るまでマスクはしたままお待ち下さい』『料理に集中して食事中の会話はお控え下さい』←悪いジョークともとれる言葉が誠しやかに書かれたポスター?こんな雰囲気の中で食事などしたくなかったのですぐに出ようとしましたが相方がいたのでオトナシク素直に着席、先に食べ終えた人が帰るとすかさず店員さんが椅子背もたれテーブル上をスプレーで消毒作業←今そこに座っていた客はまるで感染者扱い!タブン自分の席はもっと丁寧に洗浄までして消毒殺菌するのだろう wara)と思いながら薄暗い店内どこかにコロナが飛んでいるかの雰囲気の中『更科』の看板にそぐわぬ色黒な麺←これはよかった)を食べてせっかくの会食はただ餌を与えられた動物の心境でご退店!仕事帰りの途中に立ち寄ったホームセンターでは感染対策が厳格化してマスク非着用は自分だけ←同行人はいつの間にか着用済み)通路を通るとすれ違う他人に顔を背けられてイッタイ何時になったらこんな雰囲気が解除されるシオドキが来るのかまったく先は見えませんが昨日はこんな事で先記した潮時が自分にとっていつになるのか考えされたのですが本日は仕事の一日だけの谷間もう朝の10時→先日チョット残したリフォーム工事の仕上げに休み気分でのんびり出掛けて作業内容力量の方向転換『潮時』について考える日にしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です