『タバコは地元で買いましょう!』

っと云っても「これから喫煙でもして名残りの人生を楽しむかなー!」っと云った話を始める訳ではありません、確かに東北生活でも内装仲間はほとんどが喫煙者で一時8人集まった時無煙者?は自分一人←ある方には「職人だったらタバコぐらい喫いなよ!」っと云われた事もあり「やっぱりそうか!」←人生何か損をしている様な錯覚に?とらわれた事もあったのですが旨そうに煙タナビク様子を脇から見ているとある種の羨ましさを感じたものです!他人には「吸わないんですか?」と聞かれると「高校に入る時喫煙が発覚すると退学と言われたのでやめたんですよ〜」っと軽くジョークを言ってましたが融通の効かないマジメ人間?だった自分はw)成人してから初めて口にしたビールの苦さに「なんでこんな物が美味いのだろう?」と大人の味覚を疑ったのですがタバコも同じく成人式の二次会で社会人になった時から喫煙習慣があった友人から一本もらってキッチャ店の片隅でオソル恐る呑み込まずにフカしたのが一回キリ!タールの匂いと苦さが口中に残ってその後コーヒや水を飲んでも絡んだ味は生涯忘れられない味覚⤵︎ビールの苦さは慣れると甘味に変わってアルコールはタバコの害より身体にはよくないと言われながらも気がつけば半世紀以上の自称→大愛飲家!体質的に酒に強い訳ではないので少しの量でも その覚醒された感覚は小心者にとっては気が大きくなって日頃のストレス発散には持って来いのアイテム?←タバコもたぶんそんな想いを叶えてくれる覚醒作用があるのかも知れず一度は本格的な喫煙をしてみたいと密かに思いながらも虚弱体質な自分はアルコールの害との合併症?が怖くてコレだけはやめておこうとつい手が出せないまま この歳まで来てしまいましたがマスコミがコロナ騒動と同じくさほど実害が少ないのに昔から受動喫煙などと在りもしない害をウリに禁煙運動を展開するものだから←練馬に限らず東京では路上喫煙禁止などと云われて歩行中はどうかと思うのですがコンビニの前やタブン公園などでも不可?喫煙者はドンどん追いやられてせっかくの憩いのひと時を過ごす場所が狭められて可愛そう!と非喫煙者ながら本気で思うこの頃!ウイルスの振る舞いは人間の浅知恵ではトウテイ太刀打ちできない威力?を持っていますが酒タバコの覚醒感覚の謳歌?は人が生き物である証!自由な尊厳とも云えて両者共に勝手気ままに?成り行きに任せておくのが自然の法則!実在が確認できないコロナで社会が壊れていくのはあまりにも愚行!マスコミのミスリードにノッテ人間性を失ってはいけません! (本日はちょっと辛口すぎましたね!)


《蕎麦は地元で食べましょう!》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です