流れを変えよう!

などと個人的に声を荒げて騒いでもどうにもならないのですが何かあまりにも理不尽すぎる社会の雰囲気←身近なところでは→コロナ騒ぎの真相→喫煙者追い出し?→放置車両の民間取り締まり→軽減税率の矛盾→歩行者(自転車)とクルマの交通マナーの相違など例え出したらキリがない程あって何が正論なのかモチロン全ての人にとって都合のよい決まり事など存在しませんがアマリの納得いかないタダの気分的では無くて「どう考えても実害の方が大きいでしょう」と思われる正論は無視されて悪と云うより多勢に無勢というか勢力の強い方の流れが社会を変えて行く←まあ昔から当たり前の様に思っていましたがここに来て世界の動きアメリカなどは国が分断するかの大騒動が展開されていますが国内は何かコロナ騒ぎのみで推移して政治はモチロン文化と経済は後退する一方→モウ20年以上前に子供の高校の時の運動会でのスローガンが『変わらなくちゃ!』と大きな横断幕に描かれていましたが「なるほど!革新的な言葉だ!」とは思ったのですがもっと以前自分達が子供の時からずっと自分を含めた人間の基本的な生き方は旧態然として一向に変化無し!昔はどの世界にも指導者リーダーがいて良くもアシクも先導してくれたのですが今は何をどう変えたら社会がうまく機能して住みやすく安心した世の中になるのか地位身分などが平均化された現代は目指す美旗が見つからず→どこを向いたらよいのか見当がつかずに右往左往している時代の様に思えますがモウこの歳になったら社会に対して知ったかぶりの御託を並べるより毎日目の前に現れる他人ヒトに←近親仕事友人関係すべての方々)お付き合いいただいている事を感謝しながら接して昔からよく言われている様に『人との交流は最大の財産』を実感していればよいのでしょうが好奇心旺盛とは若さを保つ秘訣などと言い訳をしてこの情報過多の時代→半ボケした?自分の頭でしかもミーハー感覚で何かおかしい、「これが正論だ!」とばかりに流れを変えてみようとしてもショセン老灰のたわ言!←おっといけません話が↘︎ってしまいましたが世の中の動きは自分を活かす為の参考書!表題は公言ではなくて自分に対しての励ましの言葉←流れを変えるのは自身の気持ち思考なのです!→人脈とは自分と共通する何かを持った人や社会との繋がりを云ようですが本日は久しぶりにその人脈を辿タドって埼玉でのお仕事⁉︎流れを変えるためにも改めての再会に期待しましょう!


《まだまだ燃える季にヤル気も紅葉?して》

「流れを変えよう!」への1件のフィードバック

  1. 写真は12/12の練馬谷原地区にある旧屋敷林←現在は区が運営する一般に開放された遊歩道付き公園←隣接する住宅に仕事で行ったのですが付近の農地にはすでに霜が降りているとの事→モジ通り武蔵野の面影を残す絶景?に思わずの一枚でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です