ウイルスのお勉強を!

もう20年以上前の話になりますが自分が年末の仕事を終えて気が緩んだスキに悪玉ウイルス←世に云うにインフルエンザに感染して一週間ほど仕事を休んだ経験があり丸三日程は高熱で起き上がる事もできずに苦しみまくって回復しても約一ヶ月間は体が気怠くソレでも若さがまだ残っていたせいか住宅ローンの返済に急かされていたオカゲかw)これといった後遺症もなく全快した記憶がありますがこれは経験した事がないと判らないほど肉体にとっては大変なダメージで当時は家族4人狭い家で同居していましたが当然自宅療養→誰にも感染させる事なく犠牲になったのは自分一人←その時は町医者に行って診てもらいましたが高熱で立っていることも出来ないくらの状況と検温問診だけで「インフルエンザですね!」「一週間位仕事を休んで下さい!」たぶん解熱剤をもらった程度で初診察のみで医療には掛からずに治りましたがウイルスの脅威を知ったのはその時→本や既にネット情報などもあったと思うのですが調べマクってその正体を知った時は人の力で制御できる生物ではないのですがイキモノ?だとか←大きさが細菌の千分の一とかネットて調べたら細菌の大きさが富士山だとするとウイルスは3mの木にすぎず→電子顕微鏡でやっと確認できる程度の大きさしかなくてコレがすべてウイルスを物語る要因?検査しようにも種類別の判定は不可能に近く?今回の騒ぎの元となったコロナも単にウイルスの存在を確認するだけのPCR検査←数多くのウイルス しかも残骸?にも反応するらしい)開発者は「病気の判定に使うべきではない!」と言い遺したとの事ですが他に検査法がなくて現在では呆れることに陽性反応が出たら即コロナ感染者にカウントされてしまうのです⁈←コレらはすべて自分がネットから改めて調べたのを列記しましたがここまではウイルスに関してのホンの一部の話→人間の体内には産まれた時点で多くのウイルスが住み着いて?ある本を読んだら『ウイルスがいなかったら人間は存在しなかった!』とも書かれていて怖れるどころか共存関係まっしぐら!仲良く暮らさなくてはいけない恩人なのデスw )ほとんどの場合人間に都合の悪いどうにもしようがない事柄は『知らぬが仏』でいた方がいいのですがウイルスだけは知れば知るほど親近感?が湧いて恐怖よりも絶望に近い諦め?w)は逆な安心感にもなって『正しく怖れる』を実感できます!ぜひこの際ウイルスのお勉強をしてみませんか→今騒いでる感染対策がいかに情けない人間の努力か納得できて即マスクを投げて誤った感染対策返上すれば今まであった日常に戻る事ができます→信じるのは TV情報ではなくて自分の脳で考えての実行力だけですね!


《ウイルスは億光年先の光の様!》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です